四十肩・五十肩

四十肩・五十肩とは

肩関節を中心におこる炎症。50代の方に多い症状です。

五十肩は単なる肩の痛みではなく、服が脱げない・着れなかったり、背中がかけないなど、日常生活に支障をきたします。 症状には、

急性期・・・炎症が起こったばかりで激しい痛みがあり、運動制限をする必要がある時期
慢性期・・・炎症はおさまっているが、無理に動かすと痛みがある時期
回復期・・・腕を動かしても痛みは伴わないが十分に腕を動かせない時期

があります。それぞれ時期によって、治療法が違います。。

 

症状の特徴

デスクワークや長時間の読書など、同じ姿勢で作業が長く時間続いた場合、肩から首までの筋肉が硬直します。それは、首のゆがみが生じる原因となります。 そのように筋肉が硬直した状態で、急な動きをした場合、首の筋肉を傷めてしまうことが多いです。

 

回復するに長い期間かかります

回復までには3か月から長期では半年とかかる場合もあります。
施術や、運動を続けていくことで少しずつが改善が見られるようになります。

 

吉川整体院の治療

パーソナルストレッチ

徒手検査により、どこの筋肉に硬直があるかみます。

検査により硬直が見られた筋肉・可動域の低下のある関節を中心にしたストレッチ

筋力低下が見られた筋肉中心の運動療法などの多角的な治療により、治していきます。

 

整体

徒手検査により、どこの筋肉に硬直があるかみます。

検査により硬直が見られた筋肉をほぐしていきます。

硬直した筋肉をゆるめて関節可動域をつけて治していきます。